čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

■

勝ãĻãĒい原態がãĒい。čĻ‹ã›ãĻくれ。čŊとしæŦ˛ã—ã„ã€‚æˇąæˇĩでもブナックホãƒŧãƒĢでもãĒんでもいい。こんãĒぎはあんぞりだ。

į§ã—かį”ŸããĻãĒい。æœŦåŊ“は1äēēだけだ。

äēē間はおこãĢ行ãŖたīŧŸį„Ąã‹ã‚‰æœ‰ã¯ã†ãžã‚Œã‚‹ãŽã‹īŧŸæœ‰ãĒぎかīŧŸåˆ†ã‹ã‚‰ãĒい。分からãĒいãĢäŧšã„たい。分からãĒいぎ原態だけがわたしをį”Ÿã‹ã—ãĻくれる。けれおも分からãĒいは一į”Ÿį›ŽãŽå‰ãĢあらわれãĒい。わからãĒいはį§ãĢとãŖãĻį„Ąã ã€‚せかいãĢとãŖãĻもãĒぎかīŧŸã‚ã‹ã‚‰ãĒい。

 

 

 

 

 

2/17

æ—Ĩ中は暑かãŖた。単äŊãŒæˆģãŖãĻきた。可čƒŊ性がåēƒãŒãŖた。これからもåŋ…į„ļãĢ向かãŖãĻできる限り頑åŧĩãŖãĻいきたい。

 

æē€å“Ąé›ģčģŠãĢ䚅々ãĢ乗ãŖた。周りはį”ˇã°ã‹ã‚Šã ãŖた。前ぎäēē間はįŠēいた場所があるぎãĢã“ãĄã‚‰ãĢ荷į‰Šã‚’ã‚Ŧãƒŗã‚ŦãƒŗæŠŧしäģ˜ã‘ãĻきãĻ(į„ĄčĢ–ã“ãĄã‚‰å´ãĢéŋける場所はãĒい)不åŋĢだãŖたぎでæąēã‚å°čŠžã‚’æŽ§ãˆå ´ã‚’æ•´ãˆæŠŧしčŋ”した。(というか不可抗力)į”˛æ–ãĒくäŊ•ã‚‚č¨€ã‚ã‚ŒãĒかãŖた。æ¨Ēぎäēē間はつり靊をもãŖたいãļãŖãĻじわじわčŋŊいčžŧむ陰æšŋãĒã‚ŋイプだãŖた。世į•Œä¸€å¯æ„›ã„ぎで渊厚ãĢ寞åŋœã—た。åŗぎäēē間はé ģįšãĢ手ãĢč§ĻれãĻきたけれお一歊間違えればį¤žäŧšį”Ÿæ´ģぎįĩ‚į„‰ã•ãˆã‚‚č‡­ã‚ã›ã‚‹åą•é–‹ã‚’é‘‘ãŋãĒおもį´ äēēåĨŗ子éĢ˜į”ŸãŽæ‰‹ã‚’č§ĻãŖãĻおきたいというæœŦčŗĒįš„ãĒ気æĻ‚ã‚’æ„Ÿã˜ãŸãŽã§č¨ąã—ãŸã€‚č€ƒãˆãĻãŋればåĨŗ子éĢ˜į”ŸãŽæ‰‹ã‚’č§Ļる抟äŧšãĒおã‚ĸイドãƒĢぎイベãƒŗトやそういうåē—でį„Ąã„限りįš†į„Ąã ã€‚

ããŽã‚ã¨ã¯ã‚¤ã‚ąãƒĄãƒŗとį›ŽãŒã‚ãŖたし、可愛かãŖたしã‚ĩãƒŗプãƒĢでつかãŖãŸã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧぎéĻ™ã‚ŠãŒåŧˇã‹ãŖたäģĨ外最éĢ˜ãƒŦベãƒĢãĢ充原した1æ—ĨだãŖたと思う。

 

2/14

 

å­Ļæ ĄãĢį€ã„た途įĢ¯ã‚りえんįŸ­ã„ã‚šã‚Ģãƒŧトぎ先čŧŠãŒæŗŖいãĻいた。いきãĒりバãƒŦãƒŗã‚ŋイãƒŗデãƒŧだãŖた。チョã‚ŗæēļかしãĻå›ēめるだけãĒぎãĢおうしたら不å‘ŗくãĒるぎīŧŸã¨ã‹č¨€ãŖãĻた

そぎ場ãĢはį§ã¨å…ˆčŧŠ2äēēįĩ„しかいãĒくãĻå‹ŋčĢ–čĒįŸĨされãĻいãĒいから、そぎただæ—Ĩ常もそぎįŠē気やéŸŗが、そこだけ世į•Œã‹ã‚‰åˆ‡ã‚Šå–られたãŋたいãĢį‰šåˆĨãĢ思えた。

こういうことは多分だれしもãĢある。

しかも世į•ŒãŽä¸–į•ŒãŒæŒãŖたį‰šåˆĨ性を感じãĻいるわけではãĒくčƒŊ動įœŧåˇŽã—å¯žčąĄãŒč‡Ē分ãĢとãŖãĻæœŦæĨäģĨ上ãĢ尊く思えãĻã‚‹ã¨ã„ã†ã ã‘ãŽč€ƒãˆãĻãŋãŸã‚‰č™šã—ã„čŠąã§ã€æœŦåŊ“ãĢčģŊã„æ°—æŒãĄã§åŋ…čĻäģĨ上ãĢč€ƒãˆãĻãŋたり、加えãĻ文字ãĢčĩˇã“すãĒんãĻことはするずきではãĒいと思ãŖた。これからはåŋƒãĢį§˜ã‚ãĻやãŖãĻいこう。

 そぎあとはいつも通りだãŖた 

あãŖけãĒくæ­ģãŦぎだけはæœŦåŊ“ãĢやだ 

 

 

2/13


å‡ēæĨäē‹ã¯ãã‚ŒãĒりãĢあãŖãĻも書きčĩˇã“したいことはãĒい

いつãĢもåĸ—しãĻéĄ”ãŒä¸į´°åˇĨで明æ—Ĩå­Ļæ ĄãĢčĄŒã‘ã‚‹ãŽã‹ä¸åŽ‰ã§ã‚ã‚‹ã€‚

ãĒãĢもæĨŊしくãĒいしæŦ˛ã—いもぎもやりたいこともãĒくãĻ、それãĒらとæ­ģãĢたくãĒるけれおやはりæŖēæĄļãĢã“ãŽéĄ”ã§ã¯å…ĨりたくãĒい。あと集äŧšã§ã€Œå¤§äē‹ãĒおįŸĨらせです。 ○įĩ„ぎ○○さんがäēĄããĒりぞした。」とかされãĻ大äēē数ぎåŋƒãŽį‰‡éš…ãĢåą…åē§ãŖãĻåģļã€…čŠąã—ãŽįš‹ãŽã¨ã‹ãĢãĒりたくãĒい

ãƒĸナトãƒĒã‚ĸムを最垌ぞでå‘ŗわうことがäģŠãŽį›Žæ¨™ã 


2/8

と前ぎ席ぎ可愛いåĨŗぎ子が呟いãĻいたぎでおそらくあãŖãĻるとおもう

 

äģŠæ—Ĩは10時間äģĨ上寝たぎãĢとãĢかくįœ ããĻ6åēĻ寝ãģおし、ぞともãĢåˆļ服もį€ã‚Œãšã€ãã‚Œã§ã‚šãƒžãƒ›ã‚’十分ãĢ充é›ģできãĒかãŖた。įĄįœ ã‚ĩイクãƒĢ〜ãŋたいãĒčŠąã‚’ããŽã‚ã¨ãĢされたけおįœ ã‹ãŖたäē‹åŽŸã¯å¤‰ã‚ã‚‰ãĒいしめんおくさいからいいやとおもãŖたから書かãĒい

それで10īŧ…äģĨ下ãĢする勇気はãĒいぎで帰りぎé›ģčģŠã§ã¯ã‚šãƒžãƒ›ã‚’äģ˜ã‘ずãĢ過ごしãĻいた。 

é€”ä¸­ãŽåž…ãĄåˆã‚ã›ã§å‡ēåŖからčŋ‘いčģŠä¸ĄãĢį§ģ動しãĻたぞたぞįŠēいãĻいたからåē§ãŖãĻそぎあとãĢæ€ĨčĄŒãŒæĨãĻ严éšŖãĢäēēがåē§ãŖãĻそれがãĒぜかおもしろくãĻįŦ‘いとãĢらめãŖこįŠļ態だãŖた。

脈į•ĨãĒくįŦ‘いがこãŋ上げãĻきたりį™ēäŊœįš„ãĢįžžæĨåŋƒã‚„åŠŖį­‰æ„ŸãŽé‰„įƒįš„ãĒもぎでæ”ģ撃を送ãŖãĻくる存在をčĒ°ã‹ãĢč§Ŗ明しãĻãģしいと思ãŖたりもするけおたãļんそれも垌ぎことãĢãĒるぎだろうからįĩåą€ã„ぞ1į•Ēãģしいぎはたãļん力ãĢãĒãŖãĻくれる意åŋ—を持ãŖたčĒ°ã‹ãĒぎだと感じざるをえãĒい。